声の出やすい体に整えてから発声する

ブログ記事 声の出やすい体に整えてから発声する
記事内容 日常から声はごくあたりまえに出していても、それが身体想いの発声法かどうかはあまり深く考えていないのではないでしょうか。
それが普通ですよね。
ところが、声を出す職業の方は、その商売道具をそれはそれは大切になさっているに違いありません。
「声」は、たいへんデリケートなものです。
 
作品には長短があるので、一概に何分という朗読の平均時間はありませんが、例えば、ことば数が比較的少ないような絵本のよみきかせであっても、読了に7〜8分以上かかるものは多くあります。
読むうちに声帯に負担がかかり、途中からかすれ声になってしまう、、、というお話はよく伺います。
教室にいらしたばかりの頃の皆さんの声を聞いていると、喉をしめつけ、絞るような声を出す方が多くいらっしゃることに気づきます。
 
私たち日本人は、他国の方に比べ、特に声が小さい(弱い)ですよね。
身体能力によるところもあるでしょうが
「大きな声で喋らないこと!」
と、かなり小さい頃から躾けられて来ていますものね。
殊に女の人はそうではないでしょうか。
 
日本は島国だから。。。などというDNA論もありそうですが、理由はともあれ体育会系の部活動や、演劇や歌唱の心得がある方など例外をのぞき、大音量の声を出したことのない方のほうが圧倒的に多いのでは、と感じます。
 
朗読をする時、演劇のように「張る」声を出す必要はありませんが、ただ、いつも家族やお友達と食卓越しにお話するときよりは、ほんの少し遠い距離を意識した、通る声が欲しいものです。
単に大きな声を出そうとしても、その習慣のない方には、ただただ喉を振り絞るような、逆に哀れな声になってしまうことが多々あります。
 
声は、どこか一つだけアプローチして出やすくなるものではないのです。
いわば、頭のてっぺんから足のつま先まで、アプローチが必要です。
とは言え、難しいテクニックは一切必要ありません。
それでも、重心の置き方、脱力する部分と、引き締める部分の意識づけ、姿勢、口の開け方、などパーツごとに、丁寧な心がけをすることは重要です。
また、心身がリラックスしていない状態や、寒さなどで冷えた身体では、本来、声を出す準備すらできていません。
まずは、身体を温める、これは何より大変重要なことです。
首をぐるぐる大きい円を描いて回し、深い呼吸をほんの1分くらい行うだけで、身体がポカポカしてまいります。
無理のない軽いストレッチで十分ですので、声を出す前には、必ず行ってください。
レッスンでは、身体を温める体操や、声帯の広げ方などもご指導しております。
朗読をされる方も、そうでない方も、身体の深いところから、声を出すコツを覚えて、声帯をいつまでも若く保ってくださいね。
 
 
 
 
 
 

趣味ぶろ 朗読教室ブログランキング
 
 
 
元の記事へ
ブログタイトル