チェックした教室一覧を見る

COFFEE BREAK わたしのお教室ライフ

「石鹸は食と同じなり」がコンセプトオリジナルソープのよさを伝えたい -- 手作り石鹸教室 Ciao*soap(チャオソープ) Ameo*先生
Ameo*先生

建築関係の仕事から転身。カフェやカルチャースクールでの講師を経て、2014年9月チャオソープをスタート。体にやさしい手作り石鹸作りやインテリアにもなるソープカップケーキ、セルフコスメ作りを教える。AEAJアロマテラピー検定1級、二級建築士、文部科学省認定色彩検定2級、メディカルハーブセラピスト、ペットアロマセラピストなど数々の資格を持つ。

教室情報へ

料理をするように石鹸作りに親しんでほしい

もともとは建築関係の仕事をしていましたが、結婚退職を機に「何かオリジナルな仕事がしたい。石鹸で何かできるかも」と思い、チャオソープを始めました。
料理は毎日栄養やバランスを考えながら、健康を意識して作りますが、同じように石鹸も自分の肌質や季節によってレシピを変えながら作ることが大事。つまり石鹸は食と同じようなものなんですよね。それをいろんな方に知っていただきたいと考えています。

部室のように気軽に立ち寄れる場所でありたい

チャオソープではお教室のことを「石鹸部部室」、生徒さんのことを「部員さん」と呼びます。学校の部活のような感覚で、部室に立ち寄るように気楽に立ち寄ってほしいと考えているからです。部員さんが石鹸のことでなにか聞きたいことがあったら、いつでも立ち寄れるような場所でありたいです。

レッスンでは部員さんの表情をよく見て、わからないところがありそうなときにはできるだけ察知するように気をつけています。部員さんが理解しやすいように必ず理由や裏付けをお話しするようにしていますし、レジュメはあまり書き込まずに部員さんが自分なりにメモをとることで理解しやすくするようにしています。

作って「楽しい」と、使って「よかった」が聞きたくて

自分で作った石鹸の使用感は市販のものとは全然違いますし、肌荒れにも効果があります。
作るのが楽しいのはもちろんですが、部員さんから「自分で作った石鹸を使ってみたらすごく良かった」という声を聞くと、嬉しいですね。石鹸は一回ですぐに結果が出るものではないし、季節や家族構成によっても必要なものが変わってきます。そういった部員さんの悩みにも細かく対応して、できるだけその方にあったものにしたいと思っています。

通ってくれる部員さんは大切にしたいので、レッスン後のコーヒーブレイクでおしゃべりしたり、たまに一緒にランチに行ったりすることも大事だと思っています。

Ameo*先生のココがスゴい!

  • 全身使える手作り石鹸

    一人一人の肌や体質にあわせて作る手作りソープは、体だけでなく顔や髪にも使えるすぐれもの

  • ソープカップケーキ

    コロンと可愛いソープのカップケーキ。日本にはない石鹸作りを学びたくてバルセロナで学んだ技術

  • セルフコスメ

    上級コースでは化粧水、クリーム、リップなどのセルフコスメ作りも学べる

コーヒータイムが生徒さんの絆を深めてくれる

プチ運動のあとはスウィーツとコーヒーでご褒美タイム

石鹸作りでは、キレイに作り上げるために手で混ぜつづけることもひとつのポイントなんです。20分くらい混ぜる必要があるので、レッスンのあとは皆さん手が疲れているんですよね。そこでレッスンが終わった後、ご褒美タイムとしてスウィーツとコーヒーをお出しすることにしています。プチ運動のあとは甘いものでコーヒータイム。部員さんも「これがいつも楽しみ」って言ってくれます。ホッとできるし、緊張がほぐれて色んな話もできて、生徒さん同士のつながりも生まれますよね。

私にとってのコーヒーは癒しであり、切り替えスイッチ。頭の中が考え事でいっぱいになってしまったときには、一杯のコーヒーでリセットできます。
レッスンが終わったあとに、事務作業に気持ちを切り替えるときの変わり目にもいいですね。一杯のコーヒーでパチッとオンになる。コーヒーがあれば気持ちを切り替えて「よし、頑張ろう!」と思えます。

これまではレッスンでコーヒーを淹れることがあまりできなかったんです。私はコーヒーが大好きですし、部員さんにも好きな人が多いのですが、人数が多いレッスンの途中でおいしいコーヒーを淹れて出すのはとても難しかった。でもキューリグ ネオトレビエならものの40秒ですよね。しかもツリーに種類が多いので味を選べる楽しみがあり、一人ひとり違う味を選ぶこともできます。味も本格的でおいしい。
部員さんが立ち寄ってくれたときにすばやくお茶を出すことができるのもいいですね。緑茶もおいしいので、ハーブティと混ぜてもいいと思いますし、コーヒーにちょっと甘みを足したいときはレッスンで使うマヌカハニーを混ぜたりもしています。

わたしのお気に入りはコレ! 生徒さんのおもてなしに“本格的な一杯”をお出しできるのはうれしいですね

キューリグ ネオトレビエインテリアのアクセントにもなるクイーンレッド

じつはお教室の内装はほとんどが手づくり。ハンドメイド感たっぷりの雰囲気のなかに、まっ赤なキューリグがちょこんと座っている感じがまたかわいいんです。

K-cupパックカフェグレコ リッチテイスト
優雅な香りと
やわらかな口あたり

自分で豆をひいてハンドドリップで淹れるコーヒーと変わらない本格的なコーヒーの味で、自分の味の好みともピッタリ。すごく美味しくて驚きました。

  • たった40秒で本格ドリップだからふらっと立ち寄ってくれた部員さんも美味しいコーヒーでおもてなし

  • Ameo*先生おすすめ! ドリップしたコーヒーに、マヌカハニーを溶かしていただく「マヌカコーヒー」

  • 生徒さんの声 :毎回、石鹸作りのあとのコーヒータイムを楽しみにしています。キューリグ ネオトレビエは本格的なコーヒーがすぐに飲めるのがいいですね。モカブレンドも飲みやすくておいしいです。
誰がいれても簡単、完ぺきにおいしい カプセル式のドリップコーヒーシステム  キューリグ ネオトレビエ

カートリッジをセットして、ボタンを押してわずか40秒で、本格ドリップコーヒーのでき上がり。
レッスンの合間の忙しい時にもササッと簡単に、まるでコーヒー専門店で味わうような香り高いコーヒーをいれることができます。美味しい成分を抽出しやすくする、「蒸らし機能」付き。

レギュラーコーヒー、紅茶、 お茶などの豊富なラインナップ K-cupパック

専用カートリッジ『K-cupパック』にはレギュラーコーヒーとペーパーフィルターを内蔵。特殊な5層構造の密封容器により、いつでも新鮮な味わいに。UCC、ヒルスコーヒー、カフェグレコの14種類のコーヒーに加え、紅茶、緑茶、ジャスミン茶、烏龍茶まで18種類の味が楽しめます。

カートリッジとカップをセットするだけ

『K-cupパック』とカップをセットするだけで準備完了。コーヒーをいれた後、すぐに紅茶、緑茶の抽出ができ、洗浄の必要がないので手間もかかりません。

お好みの濃さにより抽出量を変えられる

気分やカップサイズにより、抽出量を70~170mlの間で設定できます。濃いめにしたい場合は抽出量を少なく。薄めにしたい場合は抽出量を多く設定します。

カップ台の高さを3段階に調節できる

背の低いカップから13cmのサーモマグまで設置できる、3段階の高さ調節機能付き。小さいカップを置いてもまわりに飛び跳ねにくい設計です。

ネオトレビエ 公式サイトへ