チェックした教室一覧を見る

特別企画

趣味なび×olympus

趣味と学びの上達に役立つICレコーダーの魅力を大特集!

趣味なび×olympus

体験レポート Vol.1 サックス教室

体験レポート Vol.2 日本舞踊教室

ICレコーダー活用の方程式機能がシンプルで操作に迷わないシニア世代の生徒さんも抵抗なく使えるICレコーダーシニア世代が中心のお教室使いやすさを徹底的に追求した、らくらくICレコーダー千波流舞踊教室 千波 一景先生

千波先生によるお教室でのICレコーダー活用提案

見やすい、わかりやすいDP-301ならシニアの生徒さんも気軽に使える!

反復練習に録音は欠かせません

創流47年、古典を基礎においた品格のある日本舞踊を伝承する千波流舞踊教室。お教室に訪れると、艶やかな着物を着た生徒さんたちがいきいきと踊りを学んでいます。その中心は60代、70代のシニア世代。舞踊を通じて技と心を学び、それを生き甲斐としていらっしゃる方がたくさん通われています。「日本舞踊のような音と体の動作が一体化したお稽古ごとは、反復練習がとにかく大事。何度も何度も課題曲を聴いて、体に踊りを染み付けることが大切なんです。ですから、お稽古の際に録音して、ご自宅や移動の電車の中で、課題曲を聴いて予習・復習したり、イメージトレーニングしたりすることを勧めています。これまではカセットテープが主流でしたが、ICレコーダーにすればコンパクトになるし持ち歩きもラクになりますよね。しかし、一般的なICレコーダーにはいろいろな機能が付いていて、取り扱うのも大変。その点、DP-301は必要な機能に絞ってつくられていて、なおかつ、『録る・聴く・保存する』のに十分な機能があり、取り回しもラク。シニア世代のテープレコーダーユーザーにもハードルを感じさせません。ICレコーダーを初めて使う人の入り口として手に取りやすいモデルではないでしょうか」

一つひとつのボタンが大きく、表示がわかりやすい

DP-301の最大の魅力は、「ボタンや画面表示のわかりやすさ」だと、千波先生はいいます。ボディのセンターに再生・停止録音のアイコンボタンを配置し、大きな液晶画面に大きな文字で情報を分かりやすく表示できるDP-301。アナログ機に近い直感的な操作感を実現し、誰もが戸惑うことなく取り扱うことができます。「最近の機器は『REC』『STOP』など、なんでも英語で書いてあることが多く、それだけで抵抗を感じてしまう方もいるようです。DP-301は単純明快な造りで、一つひとつのボタンが大きくてわかりやすく、また『再生』『録音』など表示はすべて日本語。大画面液晶に大きな文字で表示されるので、年を重ねて小さい文字を読むのがつらく感じている方にも優しい設計だと思います」

あらゆる場面で録音をサポートしてくれる「目的別モードダイヤル」

「録音モードの設定も、いたってシンプル。切り替えはダイヤル式で、モードメニューはイラストで描かれているので、誰が見ても一目瞭然です。とことん、わかりやすさにこだわられたICレコーダーだな、ということを感じます。私の場合は、お稽古中は『歌の録音』モードを、生徒さんとのお稽古内容の確認や裏方さんとの打ち合わせをするときには『会話録音』モードを、振り付けや舞台演出のアイデアなど日常のちょっとした音声メモには『口述録音』モードを、といったように使い分けをしています」会話録音・歌の録音・口述録音の3つに目的を絞ったモードダイヤルは、お教室のあらゆる場面での録音をサポート。ダイヤルを合わせるだけで、内蔵の高性能マイクがシーンに合わせた最適な設定で音を拾います。

踊りの動作の音までしっかり拾うから、イメージトレーニングがしやすい

「らくらくICレコーダーとはいえ、ちゃんと音にこだわって作られているのも、DP-301が支持される理由だと思います。音質が驚くほどクリアで、細かい音までよく拾ってくれます。踊りの最中に小道具の傘を開く音や、足をするようにして歩くすり足の音までを拾うから、踊りの動作を含めたイメージトレーニングもしやすいですね」DP-301に搭載されている大口径のマイクは、細かい音までしっかり録音。また、内蔵のスピーカーは大出力に対応しているので、録音した音をみんなで楽しむことができます。

カセットテープ感覚で記録を保存できるから親しみやすい

DP-301は、カセット代わりに使える「SDカード用スロット」を搭載。用途別にSDカードを入れ替えることで、カセットテープ感覚で、記録を保存することができます。SDカードは磁気テープに比べ、長時間保存できるほか、保管環境や長期保存による音質の劣化がなく、コンパクトなので収納場所の心配もほとんどありません。「シニア世代はまだカセットテープを使われている方も多くいらっしゃいますが、『劣化しない音質』、『手軽に持ち歩けるコンパクトさ』、『たくさんの音を大容量に保存できるメモリー機能』——どこをとっても、ICレコーダーのほうが便利で快適。お稽古の日付からファイルをすぐに探し出せるカレンダー検索機能も、便利な機能だと思います。生徒さんがスムーズに踊りを習得できるように、また私自身も充実したお稽古をみなさんに提供できるように、今後もDP-301の活用を広めていきたいと思います」

ほかにはこんな使い方をしています!

楽器の音もクリアに録れる比較的大きな音の録音に最適な「歌の録音モード」を使えば、楽器の演奏もクリアに録れて舞台の臨場感が伝わります。

打ち合わせや日常会話の備忘録に舞台の打ち合わせの録音は「会話録音モード」で。備忘録として残せるので伝言ミスが起きにくく、伝達効率も向上します。

カセット感覚でSDカードを使い分けSDカードを使えばカセット感覚で用途ごとに使い分けることができます。内蔵メモリだけでも60分テープ166本分の大容量データを保存可能。

生徒さんも使ってます!

ICレコーダーのお陰でこんなに上達しました!

水野照子さんオリンパスのICレコーダーを愛用しています。ICレコーダーは難しそう、とはじめは思っていましたが、使ってみるととても簡単。カセットテープを卒業して、断然便利なICレコーダー派になりました。お稽古の時に録音して、行き帰りの電車で予習・復習をしています。

OLYMPUSご紹介したICレコーダー

オリンパスICレコーダーVoice-TrekDP-301テープレコーダーユーザーにもハードルを感じさせないICレコーダー。使いなれたテープレコーダーの直感的な分かりやすさを引き継ぎながら、デジタルとしての利便性を提供。目的別に適切な設定を簡単に行えるモードダイヤルを搭載し、使いやすさを追求。日常の録音から大切な記録まで、メモ帳感覚の気軽さで使えます。

直感的に使いこなせる合理的デザインDP-301は使いやすさを徹底的に追求した合理的なデザインを採用。手軽な日常録音から大切な録音まで、メモ帳感覚の気軽さでお使いいただけるよう搭載したモードダイヤル。直感的に基本操作を行えるように前面に大きく配置された操作ボタン。見やすい大型液晶の採用など、さまざまな工夫が凝らされています。

録音も、再生も、安心の高音質高音質を実現する大型マイクと音声の聞きやすい大口径スピーカーを搭載。大型の高音質マイクで細かな音までしっかりと録音。また、内蔵のスピーカーは大きな音で再生できるので、複数人で楽しむことも可能です。

公式サイトはこちら

講師プロフィール千波流舞踊教室

古典を基礎におき、品格のある、美しい振りと所作を学べる日本舞踊教室。初心者から指導者を目指す人まで、目的に応じた指導体制でしっかりと学べます。古典邦楽から親しみやすい最新歌謡曲まで、幅広い音楽に合わせた踊りを学ぶなかで、自然と礼儀作法や和服の着付けも身につきます。

教室情報へ

先生プロフィール千波 一景先生

6歳で坂東流八世家元坂東三津五郎直門の坂東三津寛郎に師事、初舞台を踏む。15歳で千波流家元名跡「千波一景」を継承、家元修業に。1993年、正式に二代目家元として活動を始める。現在は東京に本部を置き、神奈川・千葉・大阪・三重・島根・宮城・鹿児島に支部や出稽古場を設け、活動中。