チェックした教室一覧を見る

特別企画

趣味なび×olympus

趣味と学びの上達に役立つICレコーダーの魅力を大特集!

趣味なび×olympus

体験レポート Vol.1 サックス教室

体験レポート Vol.2 日本舞踊教室

ICレコーダー活用の方程式音質の良さに驚きその場ですぐに聴けるからレッスンがスムーズにボーカルスクール フェザーハートミュージック羽山 茂樹先生上質な「音」にこだわるボーカルレッスン演奏をリアルにとらえるICレコーダー

羽山先生によるお教室でのICレコーダー活用提案

音楽録音のための機能が満載のLS-14がお教室で大活躍!

まず驚いたのは、LS-14の音質のよさ

  「LS-14を使ってみて、まず驚いたのは音質のよさ。生徒さんの歌声や楽器の音が原音に忠実に録れるのはもちろん、譜面をめくる音や、人が移動する足音まで、クリアに、繊細に拾うんですよ。細かいニュアンスまで録れるので、その場の臨場感がそのままに伝わります。さぞ、いいマイクを使っているんだろうなぁ、と思ったのが、ファーストインプレッションです」  上部に設置された左右90°外側に向いた2つのマイクが出っ張ったシルエットが特徴的なLS-14。この2つの高性能指向性ステレオマイクがまるでその場にいるかのような臨場感で音をとらえます。さらにステレオマイクの中央には低域をとらえるのに優れているセンターマイクを搭載。この3マイクシステム「TRESMIC(トレスミック)」により20Hz~20,000Hzという広い音域の録音を実現し、ゆたかな音をありのままにとらえます

大音量のライブ会場でも音割れしない最大耐音圧130dB SPL対応& 誰でも簡単にベストな録音ができる「スマートモード」

「また、ドラムパーカッションなどの打楽器での大音量でも音割れしないですし、狭い部屋で録音する時にも安心して使えます。ライブ会場で使う時には、録音レベルを自動調節してくれる『スマートモード』を使用。普通、ライブを録音しようと思うと、演奏中の大音量と、しゃべり声とでものすごい差が出るでしょ? でもこのスマートモードを使えば、最適な録音レベルに自動で調整してくれるんですよ」   LS-14の特長ともいえるスマートモード。はじめに一番大きな音のパートを記憶させておくことで、その後は自動でベストな自動で最適な録音レベルに調整。誰でも簡単にプロフェッショナルな音を録ることができます。

「チューナー機能」でロングトーンの練習

「あと、僕のお気に入りは『チューナー機能』。楽器のチューニングができるのはもちろん、ロングトーン(一定の音高(またはピッチ)で長く声を伸ばす)の練習の際にも役立ちます。ロングトーンのトレーニングが難しい、という生徒さんが多いんですよ。チューナー機能を使えば、音程の変化が視覚的にわかるので、伸びのある声を出す練習に効果的で。また、一般的に楽器のチューナーは針が振れるものが多いですが、LS-14は波形表示にも切り替えられるので視覚的にわかりやすい。シーンやお好みによって使い分けられるのはいいですね」LS-14は本機のクロマチックチューナー機能を使って楽器を調律。入力された音と基準音の差を視覚化して表示します。視覚で確認しながら、安定した音色を奏でられます。

カラオケのような使い方ができる「オーバーダビング機能」

「『オーバーダビング機能』も役に立ちました。録音済みのファイルに、重ねて録音できるので、1人何役もできるんですよ。たとえば、最初にギター演奏を録音して、その上からボーカルを重ね録り。さらにその上からコーラスを入れると、3〜4人でやっているような仕上がりに。生徒さん1人でもハモりの練習ができますし、作詞作曲をする際にもとても便利に使えます」このように、「オーバーダビング機能」はカラオケのような使い方ができるのはもちろん、街の喧騒や鳥の声などを効果音のように加えたりするのにも便利。音だけでなく、LEDライトが点滅することで視覚的にもリズムを伝えるメトロノーム機能を搭載しているので、一定のテンポをキープしながら録音することができます。

良質な録音機能がコンパクトに、しかもリーズナブルな価格で

「LS-14の魅力は、“優れた音質”が“手軽に”録音できるということに尽きますね。たとえば、レッスンで本格的に録音しようとすると、パソコンを出して、ソフトを開いて、マイクをセットして…となると15分位かかるんです。短いレッスンの時間のなかでそれをやっていたら本末転倒ですよね。LS-14ならポータブルですし、ボタンをピッと押すだけ。録音したものをその場ですぐに聴くことができますから、レッスンがスムーズに運びます。これだけの良質な録音機能を、これだけコンパクトに、しかもリーズナブルな価格で提供されるようになったのは、すごい技術の進化だと思いますね。カセットテープの時代から音楽をやっていますが、本当に時代の変化を感じますよ。これからもLS-14を、レッスンや音楽活動に役立てていきたいと思います」

ほかにはこんな使い方をしています!

ポータブルだから音源探しも気軽に効果音の製作のため、公園で音源探し。木の葉が風に揺れる音や鳥のさえずりまでしっかりと録音できます。

簡単に固定できるスタンドクリップ歌の録音の時には付属のスタンドクリップが便利。マイクスタンドや譜面台に取り付けることで、簡単に固定できます。

SDカードで音源をプレゼントレッスン内容を録音して生徒さんにプレゼント。復習に役立てていただいています。SDカードに保存できるからメモリーの移動が便利。

生徒さんも使ってます!

ICレコーダーのお陰でこんなに上達しました!

石川智子さん私自身もオリンパスのICレコーダーを使っています。機能性が高く、音質もいいので、長く愛用しています。ミュージカルの練習の時にも、声の伸びや細かな息づかいや発音までしっかり録れるので、復習に便利です。

ルピナス(結城伶奈さん・城島夏樹さん)作曲の練習の時に使っています。いいフレーズが出てきた時に忘れないように、録音しながら曲を作り上げていきます。ほかにも発声の練習や、ハーモニーの練習の時にも便利。ICレコーダーは欠かせないアイテムです。

OLYMPUSご紹介したICレコーダー

オリンパスリニアPCMレコーダーLS-14手のひらにすんなりと収まるコンパクトボディに、音楽録音をサポートするハイスペック機能を凝縮。誰でも簡単にベストな録音ができる新機能「スマートモード」を搭載し、シンプルな操作だけでプロと変わらないレベルでの録音が可能に。また、3マイクシステム「TRESMIC(トレスミック)」により、広い音域を原音に近い自然な音で録音することが可能。このクラスのレコーダーでは類を見ない最大耐音圧130dB SPLを実現し、ドラムなどの大音量でも音割れのリスクを軽減。

3つのマイクでプロフェッショナルレベルの録音2つの高性能指向性ステレオマイクに加えて、無指向性のセンターマイクを搭載した3マイクシステ「TRESMIC(トレスミック)」を採用。20Hz~20,000Hzの広い音域を原音に近い自然な音で録音可能。

音楽活動をサポートする充実した機能を搭載誰でもベストな録音ができる「スマートモード」、重ね録りができる「オーバーダビング機能」、声や楽器を調律するための「チューナー機能」、録音時のリズムガイドとして利用できる「メトロノーム機能」など、音楽のトレーニングや創作活動に役立つ多彩な機能を搭載。

公式サイトはこちら

ボイストレーナー歴27年、作詞作曲やライブなどの音楽活動もされている、ボーカルスクール フェザーハートミュージック羽山茂樹先生のもとを訪れました。「ICレコーダーは仕事をする上で欠かせない存在」と語る羽山茂樹先生に、オリンパス LS-14を使っていただき、活用法をご提案いただきました。

教室情報へ

先生プロフィール羽山 茂樹先生

1988年よりボイストレーナーとなり、1997年にボーカルスクール フェザーハートミュージックを設立。多数の生徒がメジャーよりCDデビュー。音痴矯正等、歌が苦手な人へのレッスンにも力を注ぐ。作曲作品も多く、日本音楽著作権協会信託者。