チェックした教室一覧を見る

このページを印刷

mixiチェック

ツイート

メールで送る

教室・スクールのご紹介

●タイ語の習得は英語などに比べて難しいってよく言われるのですが、そんなことはないのです。

●明治メソッド(文字→単語→文法…と学んでいって会話ができないというトホホな教育法)で学ぶ「語学」ではきっと難しく感じて、習得するにも300時間くらいかかったりするのでしょう。

●タイの人々と会話し、心を通わせあうのが目的でしたら、「発音記号メソッドによるタイ語会話」です!

●カタカナでタイ語を学んだ方の悲劇・喜劇を多く見てきています。
 いったん、カタカナでタイ語を学ぶと、そのタイ語は通じないし、そのクセは一生ついてまわります。

 参考:その理由と効果的な学び方を書いた資料を用意しています。↓
   chihara-office@excite.co.jp

●ゴールは旅のさまざまなシーンを想定してのコミニュケーションができるようになるまで

■教室

 ●現在は教室を設けていません。ご指定の場所が教室になる、講師の「出前」(!)です。(笑)

 ●2、3人のグループを組んでいただいてのレッスンも可。
     
   *カフェなどでもできます。
   *季節によってはアウトドアでもできますね!

■レッスン時間割

 ●1レッスン3時間×10回
 ●1レッスン4時間× 8回 

  *「短期集中レッスン」がハイパフォーマンスです。ご都合に合わせます。


■入学金:ありません
■レッスン料:以前の教室では1時間当たり8000円(個人レッスンで8000円/8人グループレッスンだと1000円)でしたが、今では受講生さんに決めていただいています。
 
 ●たくさんいただける方が嬉しいです。(笑)
 ●でも、タイが好きな方に喜んでもらえることの方が、もっと嬉しいです!

■交通費:ご指定の場所までの電車とタクシーによる交通費をいただきます。
 (バスには乗れないハンデキャッパーです。スミマセン!)
 
〔レッスンのお問い合わせ・お申し込みにあたりましては、以下を教えてくださいね!〕(^^)V

 1.自己紹介
 2.タイ語を学びたいと思った動機
 3.タイ経験 
  (渡航目的・回数・延べ滞在など)
 4.タイに関する質問 
   (緊急でないものはレッスン開始後にお答えしますね)
 5.時間当たりのレッスン料
 6.5がチョ~安い場合は、その理由・ご事情をお聞かせください

 σ(^^) 切実な事情をお持ちの方ほどレッスン料にこだわらなくなるインストラクターです!(笑)

スケジュール

以下を基準にした「短期集中型」レッスンが経験上もっとも効果が高いと思いますが、受講生さんのご都合に合わせてスケジュールを組みます。

基本的なこと
●短期集中レッスン
●3時間×10回
 4時間×8回 
   いずれかを5週間以内で

休日と平日のどちらがよいか
●ウィークエンド&ホリディ型
●平日型

時間帯を決める
●昼型
●夜型
  午後~夜間のどの時間帯がよいか

なれる職業・学べるビジネススキル

タイで起業なさる方やタイで学んで日本で起業なさる方が多いですね 

レッスン内容

【時間空きました! 今ならお教えできます!】

30時間でマスターする旅のタイ語!

1:「タイ語のもっとも簡単な学び方」をまず学ぶ

2:「タイ語の顔つき(基礎)」をマスターする

3:「発音」と「声調」に慣れきる

4:旅行のさまざまなシーンを想定した会話を完全マスター! 


講師のコメント

カタカナまたはカタカナ発音記号併記のテキストを使ったタイ語習得は不可能、学んだ人に災いをもたらす―――と主唱して発音記号メソッドによるタイ語レッスンを30年ほど前から行ってきています。

タイが好きで、ただただ漂うように旅したり、タイの人々の暮らしの中に溶け込んで暮らしたりで、延べ9年ほどのタイ滞在をした映画人です。
お仕事で20年タイにいた方よりタイをよく知っていると思いますので、タイ語以外にもタイのことをいろいろ教えてさしあげられます。
 (仕事で駐在する方は、ほとんど日本語・英語でコミニュケーションをはかり、いつも日本人または英語で話すタイ人ばかりとご一緒ですから、タイ語も正しい発音で話せる方は少ないように思います)

●いきなりネイティブスピーカーから学ぼうとされる方がおられますが、生まれついた時から9つの母音(日本語はアイウエオの5つしかない)・21の子音(日本語には13しかない)、そして声調という5種類の音程の上げ下げを自然に使い分けて話しをしているネイティブスピーカーには、「どうしてこんな簡単な音が聴き分けられないの?」「私の真似すればいいだけなのに、どうしてこの音が発音できないの?」ということが分からないのです。

「日本人の口」(日本人の宿命的な発声のクセ)ということを分かっていてタイ語の正しい発音に慣れ切っている日本人から「入門」し「基礎」をマスターしてから、タイでタイ語を使いつつ自然にボキャブラリーを増やしていく(増やしていける)というメソッドがもっとも効果的(コストパフォーマンスも高い)だと信じています。

●移住やタイでの起業のために、現地でのご案内や法律的な手続きなどのお手伝いもできます。タイの弁護士や商務省・外務省に友人がいます。ご相談ください。

お問合せください

資料請求 お問合わせ
このページを印刷

趣味なび特典

ご事情・学びたい理由によっては、レッスン料はいくらでも構いません。
個人レッスンが多いため見学はしていただけませんが、カフェなどでのガイダンスを無料でいたします。
テキスト無料

※印刷のうえ、お教室へご提出ください。

所在地・アクセス

住所
〒616-8393
京都府京都市右京区嵯峨野の竹林の近く (上記は講師の自宅です)(教室所在地ではありません)

交通アクセス
嵯峨野線 嵯峨嵐山駅 徒歩12分(自宅ですがお訪ねくださるならご案内いたします)
京福電鉄嵐山本線 嵐山駅 徒歩10分(自宅ですがお訪ねくださるならご案内いたします)