親孝行・・・

ブログ記事 親孝行・・・
記事内容 お待たせしております11月レッスン生作品集、只今必死で更新中です。
申し訳ございません、あと少しお時間頂けますようお願い申し上げますm(__)m

親孝行、これってどうすれば叶えられると思いますか?
いつでも側に居てあげること?、プレゼントをすること?、孫に合わせてあげること?、結婚すること?・・・
私は全て違うと思うのです・・・

実は私、両親からは結婚しないと思われていました。
俗にいう諦められた状態。
過去、妹の結婚が決まり、世間体という目線から物凄く焦らされたことがあります。
あの時は本当に大変でした(^^;)
それを越すと、もう一人でやっていくのだと思い込まれてしまって。
別にそんなことを決めたことは一度もなかったのですが。
だから突然結婚を決めた時は、逆に慌てられましたよ。

嫁に出すのが当たり前だと思っていた世代。
やっと片付いて良かったかと思えば、今度は色々心配し始める・・・
まあ、私がなんでも愚痴を言ってしまうからなのですが(^^;)
おかげで、真逆の言葉が出てきておかしかったです。
一人になった方が楽じゃないかと。
矛盾してるようですが、それが親心なのですね。
いつだって、ずっと心配なのです、親というのは。

人はなくしてからしか、大切なものに気付くことは出来ないです。
だから親も、隣の芝生は青く見えてしまう。
いつも人を羨んでしまい、愚痴をこぼしてしまう。
仕方がないですし、それが普通のこと。
会う度に文句を言われ、面倒になるのが親子関係。
でも言わせておけば良いとおもうのです(^-^)
子が人の道にそれず、元気で生き生きと暮らしていれば、それが親にとっては一番嬉しいことなのですから。
大切なのは、元気な声を聞かせてあげたり、姿を見せてあげること。
そして最後に見送ってあげること。
本当に大切なことは最後まで気付いてくれず、文句言われっぱなしでも良いと思うのです。
それに気付かせてしまったら、それ程辛く悲しいことはないですからね。

亡き夫の両親の深い悲しみ。
触れて、初めてそれに気付きました。
だから私は、親よりも一日でも長く生きよう、そして娘のためにそんなに長生きは望まずに生きようと。
そして頼りないながらも、胸を張って頑張ろうと。
特別なことなどせず、ただ普通にそうして過ごしていくこと、それが私の親孝行(*^_^*)
顔つき合わせれば、喧嘩ばかりなのですけどね(^^;)

 

フェイスブックを始めました…宜しければ、花の輪作りませんか(*^_^*)




ランキングに参加しています。

お手数ですが、応援どうぞよろしくお願い致します(※スマホ版画面でせっかくクリック頂いてもポイントは加算されません…涙。PC版に切替下さると助かります。)m(__)m


・・・今週もありがとうございましたm(__)m


・・・来週もよろしくお願いいたします(*^_^*)

【お正月レッスンのご案内】

新年は、華やかにお生花を飾って迎えたい・・・そんな想いにお応えし、お正月体験レッスンをご用意いたしました。

詳細はこちらをご覧ください。

【12月フラワーレッスンのご案内】

レッスン日程は、ホームページのレッスン日程表をご覧ください。

12月は、クリスマスとお正月レッスン。年に一度のお楽しみメニューですよ♪
元の記事へ
ブログタイトル